【札幌市で美しく愛される環境建築の創造】株式会社ボンアーキテクツ

  • Mail
  • Mail

011-272-5650

営業時間 9:00~18:30

設計について

  1. ホーム
  2. 設計について

Design-設計について-

「環境建築」へのこだわり

設計について

建築の設計は、ご要望、土地の条件、ご予算、時期、様々な条件の整理をして、目的や価値観を満たした解答をご提案することであると考えています。

「環境建築」を実現する「パッシブデザイン」について

「パッシブデザイン」の目的

具体的には、プロジェクトに費やせる時間、予算、使いやすさ、美しさや楽しさなどのデザイン性、快適性、建築物の性能、省エネルギー性、省メンテナンス性、構造の安全性、社会性、人と環境の関係性などになります。
そして、最近は北海道で地震によるブラックアウトを経験し、災害時の安心が注目されています。私達は、プロジェクトの目的達成の最適解を探し、実現することを目指します。

「パッシブデザイン」の考え方

建築はシステム

建築物の要素を単純化すると、意匠+構造+電気設備+機械設備で成り立っています。
軒や庇、開口部による日射制御や通風、冷暖房換気等のルート、断熱計画や意匠デザインと構造計画の要素が補い合い一つに統合されたシステムと捉えて初期の計画時からそれらを意識してデザインします。

Point ①:断熱
室内でも場所によって寒暖差が異なること、隙間風などで部屋が寒くなる(暖かくなる)ことを防ぐことが可能です。囲まれている壁、床、天井の温度が室温に近づくと快適になります。その為、断熱が重要になります。
Point ②:太陽光を利用した暖房
冬に太陽熱を開口部等から受け、その熱を蓄熱させ夜間まで暖かさを持続させることが可能です。省エネルギー、換気不足による健康被害、結露によるカビリスクなどを極力減らします。
Point ③:日射の遮蔽
室内の熱がこもらないように、窓から入る日差しの熱を遮ることで、夏に室内で空調をつけた際、短時間で涼しくなります。省エネルギー、換気不足による健康被害などにつながります。
Point ④:自然風の活用
夏の夜、春や秋などの中間期に自然風を取り入れて快適に過ごすことで、エアコンや除湿機を使わない期間を長くし、省エネルギーが可能です。
Point ⑤:「採光」と「導光」
室外の自然光を、窓などを通して室内に採り入れることで、単純な電気代節約だけでなく、目の疲れを癒すなどの健康にも寄与できます。

Works-実績紹介-

Perfomance-実績一覧-

Architect-建築士紹介-

デザインは「心」と「言葉」
人・建築・環境との繋がりを。

私は、建築設計及びデザインをする時に、デザインを「心」と「言葉」と考えています。

お客様との対話を通じ、建築空間をコミュニケーション手段として、お客様ご自身の「心」「言葉」を形にしたいと思っています。

そして建築と環境の関係から生まれる空間を縁として、人と人との心を繋ぐことが、お客様の幸せのお手伝いになると信じて、皆様のお役にたちたいと思います。

View More

株式会社ボンアーキテクツ

代表取締役 / 一級建築士

森 徳彦Naruhiko Mori