【札幌市で美しく愛される環境建築の創造】株式会社ボンアーキテクツ

  • Mail
  • Mail

011-272-5650

営業時間 9:00~18:30

環境建築

  1. ホーム
  2. 環境建築

Environmental architecture-環境建築-

悠久の大自然との共生
エネルギー消費と感染リスクを減らす試み

POINT1エネルギーと光熱費削減の実現

凸凹の少ない建物形状+RC外断熱+躯体蓄熱+構造熱橋防止システム+UW0.82木製サッシにより光熱費75%以上の削減を目指します。
極力熱橋の少ない外断熱にするために平面計画は極力凸凹の少ないシンプルな形状にする、熱狂抑制のために跳ね出し屋根や耐荷重性のある構造熱橋防止システムのバルコニーの導入、開口部からの熱損失を低減させるためにUW値0.82~0.93の高性能木製サッシを使用するなどの工夫を施します。

POINT2感染症のリスクを軽減する

アメリカの「感染性エアロゾルに関するASHRAE提言」を参考に、風を感じない空調を目指し、AHU熱交換 温湿度調整+放射整流換気空調+微少気流で少ない温度ムラにすることで、温熱環境の実現と感染リスクを軽減を目指しております。
AHUと全空気式放射整流ユニットで構成される空調システムを採用し、外気温の変化に応じて熱源機の温度設定やコンピューターで燃費効率の最適化、外気の条件により室内条件に合わせ過失などが全て自動制御を実現しました。
思わぬところからの風邪、病気の感染防止につながります。

POINT3快適さ・利便性を保証する構造の設計

約8mグリッドの交差部に壁厚に納まる扁平柱を用い、極力柱型を出さない架構計画を行い、室内の有効性を高めつつ、ロングスパンが必要な部分にはプレストレストコンクリート梁を採用し、柱を抜く、屋根梁から吊り下げる、プラン上影響が少ない部分に鋼管柱で受ける、パラペットや腰壁を利用した逆梁形式を取り梁せいを確保するなど建築計画に整合させることで、明るく開放的で省エネルギーかつ快適な空間づくりを目指しております。

Works-実績紹介-

Perfomance-実績一覧-

個人向け住宅の設計もお任せください

株式会社ボンアーキテクツでは、事業用・商業用建築や教育施設、福祉施設の建築設計だけではなく、個人向け住宅の設計も受け付けております。
環境建築やパッシブデザインなどにご興味ある方は、ぜひ1度お気軽にご相談ください!

Architect-建築士紹介-

デザインは「心」と「言葉」
人・建築・環境との繋がりを。

私は、建築設計及びデザインをする時に、デザインを「心」と「言葉」と考えています。

お客様との対話を通じ、建築空間をコミュニケーション手段として、お客様ご自身の「心」「言葉」を形にしたいと思っています。

そして建築と環境の関係から生まれる空間を縁として、人と人との心を繋ぐことが、お客様の幸せのお手伝いになると信じて、皆様のお役にたちたいと思います。

View More

株式会社ボンアーキテクツ

代表取締役 / 一級建築士

森 徳彦Naruhiko Mori